口腔外科・負担の少ない治療|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院 

Surgery 口腔外科・負担の少ない治療

口腔外科surgery

口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは奥歯のさらに奥から生えてきます。そのため、歯ブラシが届きづらく虫歯や歯周病にかかりやすくなります。さらに、親知らずが生えるためのスペースが充分にないと、歯肉の中で横向きに生えたり斜めに生えたりして歯並びを乱し、歯肉に炎症を起こすことがあります。 このような症状の場合、親知らずを抜歯する可能性があることは皆さまもご存知かと思います。ただし、抜歯するかどうかは精密検査の結果により判断されます。場合によっては親知らずを治療して残すこともあります。

顎関節症・噛み合わせ

顎関節症・噛み合わせ

顎に関する諸症状をまとめて顎関節症と呼びます。顎が引っかかる感じがして口が大きく開かない、顎が痛い、顎の関節から音がする、などの症状が挙げられます。こうした顎の異常を放置すると、頭痛や肩こりなどにつながるおそれがあります。 顎関節症は歯並びの不正によって引き起こされることがあります。歯列がどのような状態か検査し、顎に負担がかかっていないか調べます。

負担の少ない治療CT / microscope / anesthetic

精密診断によるリスク回避(CTなど)

精密診断によるリスク回避(CTなど)

より細やかな治療を行なうためには、治療計画が綿密であることが不可欠です。そして、そのために必要なデータを、治療前の精密診断で収集します。 精密診断では特殊なCTやレントゲンなどを使い、患者さまの状態を隅々までチェックします。当院では立体的に撮影できるCTを導入。歯の形だけでなく血管の位置や骨の状態まで調べています。患部の周辺を多角的に見ていくことで、術前のシミュレーションをより正確に行ない、治療で想定しうるリスクを回避できます。

マイクロスコープによる精度の高い診療

マイクロスコープによる精度の高い診療

小さな虫歯や、歯肉の奥に付着した歯石は、肉眼では確認しづらくなります。そうした患部をより丁寧に治療するために、マイクロスコープを導入しています。 マイクロスコープは外科手術でも使われているように、繊細な処置で必要となる設備です。歯科医療の領域においても虫歯治療や歯石の除去のほか、歯の根を治療する根管治療やインプラント治療など、細やかな技術が要求される場面で活躍します。
当院では、処置室と手術室にマイクロスコープを導入。痛みの軽減にも貢献するので、安心して治療を受けていただきたいと思います。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

鎮静作用のある低濃度の笑気(N₂O)と高濃度酸素を混ぜた気体を鼻から吸入する方法で、血圧や脈拍の安定を図る方法です。
リラックスした状態になり痛みや不快な音なども気にならなくなりますが、全身麻酔のように意識がなくなるわけではないので、呼びかけに応じられます。
静脈内鎮静法よりも簡便で、副作用もほとんどなく安全に使用でき、吸入が終わると30分程度で肺などから体外に排出されるので、早い段階で通常の状態に戻ることができ、すぐ帰宅することが可能です。
なお、笑気は鼻から吸入していただくので、鼻呼吸ができない方や喘息など呼吸器系の疾患をお持ちの方には適用でいない場合があります。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

点滴で静脈に鎮静剤を注入する方法で、治療の恐怖心や緊張感を緩和させ、時間の感覚を麻痺させる効果があります。
使用中はうたた寝をしているような感覚になるので、痛みや不快な音などを軽減できますが、意識があるので呼びかけられても応じることができます。また、治療時間が短く感じられ、「いつの間にか終わっていた」という感覚が得られます。
治療治療終了後は、治療中のことはほとんど覚えていません。通常の状態に戻るまで眠気やふらつきなどが残るので、回復するまで院内でお休みいただいてからお帰りいただきます。
鎮静剤の注入は、麻酔医の監視下で行なわれますのでご安心ください。