神経が死んでしまった歯,失活歯のホワイトニング,Walking Bleech|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

神経が死んでしまった歯,失活歯のホワイトニング,Walking Bleech CATEGORYホワイトニング

金沢市 27歳 女性

失活歯のホワイトニングについて。
現在市内の別の歯科にて相談したところ、神経が死んでしまった歯は差し歯にするしかないと言われました。差し歯というと抵抗があるのですが、それ意外には方法はないのでしょうか?また、歯全部のホワイトニングも行いたいと思っています。通常のホワイトニングではまったく失活歯は白くなりませんか?

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
歯の色のことでお悩みなわけですね。
実際に拝見したわけではないので確実なことは申し上げられませんが、分かる範囲でお答えさせていただきます。
まず、神経が死んでしまった歯が白くならないかというと、必ずしもそういうわけではございません。
おそらく今は神経の処置を終えて、歯の裏側にふたをしている状態だと思いますが、その部分を外して、数週間~数ヶ月漂白剤をおくことで歯の色を白くする方法がございます(Walking Bleechといいます)。
この方法を用いれば歯をほとんど削らずにすむので、抵抗もすくないのではないでしょうか。
ただし、あまりにも変色が強い場合には、この方法では効かない場合もございます。
この方法はまた後戻りして色が戻ってくるので、そのあたりも相談のうえで被せものにするのか、薬液にするのかを判断されたらいいと思いますよ。
ちなみに通常のホワイトニングでも失活歯はある程度白くなりますが、他の歯も白くなるため色の差がうまらないことや、薬が効きにくいということがあるので単独では厳しいと思います。
他の歯の色をどの段階の白さまでもっていくか、またそれをどうやって維持していくかなどを含めて治療法を決められるといいですね。
またご心配なことや、ご質問がございましたら遠慮なくご連絡ください。