酸蝕歯 治療|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

酸蝕歯 治療 CATEGORY未指定

石川県 34歳 女性

長年、摂食障害で過食嘔吐を繰り返し今も治っていません。
近くの歯医者で酸蝕歯を常に見てもらってるのですが、どのような治療ができるのか、と思いメールしました。

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
酸蝕症でお悩みなわけですね。
実際に拝見したわけではないので確実なことは申し上げられませんが、分かる範囲でお答えさせていただきます。
酸蝕症はその進行程度によって治療すべきかどうか決まります。
歯の溶けている範囲が、エナメル質内の場合には治療をせずそれ以上進行しないようにしていくことになります。
もう少し進行して、象牙質(エナメル質の内側の部分)にまで及んだ場合には、それ以上放置しても進んでしまうだけなので、被せものなどを行うことになります。
こただしこの場合、歯の削る範囲が大きくなることに抵抗があるかもしれませんね‥。
最近では、歯の裏側をコンポジットレジン修復(前歯の虫歯の時に詰めるプラスチックのことです)を行い、表側(唇側の見える部分)をラミネートベニア修復(セラミックを張り付ける方法)を行う治療法が海外では報告されています。
歯を削る量が少なかったり、神経を取る必要がなくなったりとメリットはありますが、まだ確率された方法ではないので歯の状況を診断して慎重に行う必要があると思います。
とにかく現在の歯の状況と、嘔吐の頻度などを正確に判断した上で治療法を決める必要があると思います。
摂食障害でおつらい思いをされていることと思います。その治療もうまくいって、歯も健康なれるときはきっときますからきっと大丈夫ですよ。
またご質問やご心配なことがございましたら遠慮なくご連絡ください。