抜歯とインプラント治療を妊娠中のどのタイミングで行うか|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

抜歯とインプラント治療を妊娠中のどのタイミングで行うか CATEGORY未指定

石川県金沢市 35歳 女性

昔治療した下の歯2本(神経なし)がもう弱くなっているということで、 インプラント治療を勧められました。
まず抜歯の予約を入れましたが、抜歯後の鎮痛剤や抗生物質の服用によりその後一ヶ月は妊娠が不可能になるという事はありますでしょうか?
妊娠中、安定期に治療するとしても抗生物質などの服用は避けたほうがいいのでしょうか?
妊娠前にするか、妊娠中にするか迷っています。
アドバイスをお願い致します。

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
抜歯とインプラント治療を妊娠中のどのタイミングで行うかお悩みなわけですね。
まず、ご質問にあるように鎮痛剤や抗生物質を服用したからといってその後妊娠が不可能になるということはございませんからご安心ください。
鎮痛剤や抗生物質は長く体内に残るものではございませんから。
ただし、現在妊娠中であれば、やはり薬の服用には注意が必要です。
とくに妊娠初期の段階では可能であれば薬の内服をさけるべきです。
緊急性のない治療であれば、妊娠中にわざわざ行わなくても、出産後に行うほうがいいと思いますよ。
ただし悪い歯を残しておくと、妊娠中に化膿したり、炎症をおこしてしまう危険性がありますから抜歯だけはしておいたほうがいいかもしれませんね。(歯の状態にもよりますが‥)
まとめると、今現在妊娠されていないようであれば、抜歯は行っておき、インプラントは適切な治療時期(通常抜歯してから数ヶ月たってから行います)に妊娠していなければ行い、妊娠中であれば出産後に行うというのが最も安全ではないでしょうか。
またご質問がございましたら遠慮なくご連絡ください。