歯を残して治療する方法|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

歯を残して治療する方法 CATEGORYインプラント

金沢市 30歳 女性

下前歯の歯茎が急に腫れ、膿んでしまいました。
病院に行って膿みを出してもらったのでが、歯軋り等歯に負担をかけるような事は見に覚えがなく結局なぜそのように腫れ膿んでしまったのかは不明とのことでした。
また、前歯の葉の根がなくなってしまっていて(出ている歯と埋まっている歯が1:1)神経もない?状態で抜く事を進められました。でも、どうしても抜きたくないのですが抜かずに治療する方法は無いものなのでしょうか?

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
歯を抜かなければいけないと言われてお悩みな訳ですね。
実際に歯の状態を拝見していないので確実なことは申し上げられませんが、わかる範囲でお答えさせていただきます。
歯の周りの骨がなんらかの原因で吸収されてしまっている場合、歯根と呼ばれる歯の根の部分が骨に埋まっている部分と、そうでない部分の比率はたしかに重要となります。
ただし本当にその比率が1:1の状況であれば抜歯しないで保存することは可能です。
特に下の前歯はお口の中でも大きな力のかかりにくい場所ですから、いたんでいる歯でもなんとか残すことができることが多いです。
本当に抜歯が必要かどうか、他に歯を残して治療する方法はないか、よくご相談なさってみてはいかがでしょうか?
残した場合のリスクなどをしっかりと説明してもらってよく納得されてから治療にすすんでください。
もしご心配なことや不安なことがございましたらまた遠慮なくご連絡ください。