右上の一番後ろの奥歯が痛くなり、近くの歯科医院に行ったところ、根に炎症が起きていると言われました。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

右上の一番後ろの奥歯が痛くなり、近くの歯科医院に行ったところ、根に炎症が起きていると言われました。 CATEGORY虫歯治療、マイクロスコープ精密治療

女性

先日、右上の一番後ろの奥歯が痛くなり、近くの歯科医院に行ったところ、根に炎症が起きていると言われました。

抗生物質と痛み止めをもらい痛みは治まったのですが、治療は必要な為、再度行ったところ、土台が外せない(冠ははずした)ので、これ以上は何もできないと言われてしまい、新しく冠を作る流れになりました。
別の歯科医院で土台が外せるか見てもらったほうがよいのでしょうか?
また、土台が外せない場合他の治療法はあるんでしょうか?

 


担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

右下奥歯の治療に関するご質問ですね。

 

一度痛みがでた歯をお薬で症状をちらして、今は症状が治まっている状態ですね。

土台が外せないい状態で、今後このまま被せなおしていいかどうかお悩みなのですね。一度痛みが出ていますし心配になりますよね。お察しします。

ご相談内容をお聞きしますと、一度根の炎症が起きていますし、炎症の予防の視点からも状況が許せば一度根の消毒の治療をした方が安心できる気がします。ただ、何でもかんでも治療を行えばいいというわけではなく、治療の利益・不利益をきちんと評価してご相談の上で決められるのがよいですね。土台を外すことが歯にとってとってもリスキーなことであれば、土台を外さず行くという判断も妥当だと思います。

 

歯を見ていないので確実なことは申し上げられませんが、今回のケースでしたら治療可能性を探るために別の歯科医院さんで土台を外せないかを再検討されてもいいかもしれません。そうすることで情報が増え色々判断材料になるかもしれません。

また、土台を外せない場合の治療法ですが、原則土台を入れたままだと根の治療は行うことができません。土台をそのままで治療を進める場合の別の案として、冠を仮付けして一定期間経過観察するという方法があります。冠の仮付けの間に根の炎症がぶり返してこないか様子をみるということですね。仮付けのお試し期間中に何かあれば仮付けの冠はすぐに外すことができます。

 

当院では歯科治療用の顕微鏡、CT検査機器もありますのでより精確に患部を確認できます。ご希望でしたら歯の検査とご相談だけでご来院いただいても大丈夫です。一度いらしていただけましたら状態を確認しましてより詳しくご説明できますよ。

 

参考になりましたら幸いです。わからない点、不安な点などありましたら、メールでも結構ですのでいつでもお聞きくださいね。