下の前歯3~4本の歯茎が下がり、歯の根元辺りに隙間ができています。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

下の前歯3~4本の歯茎が下がり、歯の根元辺りに隙間ができています。 CATEGORY審美歯科

40代 男性

下の前歯34本の歯茎が下がり、歯の根元辺りに隙間ができています。仕事柄、接客が多く、しゃべる際に隙間から唾が飛び、相手に不快な思いをさせる事が多いのですが、下がった歯茎を元の位置まで戻し隙間を埋める治療はできないでしょうか?

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

前歯の歯茎が下がり、歯の根元に隙間ができているのですね。

専門用語で「ブラックトライアングル」と呼ばれる状態ですね。隙間を埋めて、しゃべる際に隙間から唾が飛ぶことを改善したいというご要望ですね。

 

隙間を埋める方法はいくつかご提案ができると思います。

ただ、希望されている歯肉を元の位置まで戻して隙間を埋めるという方法ですが、今の歯科医学では歯肉を再生し元に戻すことは難しいと言われています。ですので、今回は歯肉再生以外の方法で改善する方法をご提案いたしますね。

すでにお調べになってご存知のこともあるかと思いますがご容赦ください。

 

一つ目は、ダイレクトボンディングという歯の隙間に樹脂のつめものをつめて隙間を埋める方法です。虫歯治療にも使用されるレジンという材料を使用します。治療期間が短く、多くの場合一回の治療時間で埋めることができます。保険がきく治療です。

二つ目は歯にかぶせものを入れて歯の形態を隙間の無いものに変える方法です。歯を少し削ってかぶせものを入れます。被せる材料によって保険のものと自費のものがあります。削ることをお許しいただく必要がありますが、歯型をとって模型の上で形を作るので理想的な形に治すことができます。

もう一つは、部分矯正という方法です。歯並びの状態によりますが矯正治療で歯を動かし寄せて隙間を埋める方法も考えられます。

 

以上簡単にご説明しましたが、疑問点や不明点などはいつでもメールでお聞きくださいね。また、歯の状態を見せていただけましたら、治療方法についてより詳しくご説明できますのでカウンセリングだけでも一度ご来院いただければと思います。