欠けを補填された部分が、 継ぎ目が白く濁り、手でさわるとざらざらガタガタとして一部黒くも見えます。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

欠けを補填された部分が、 継ぎ目が白く濁り、手でさわるとざらざらガタガタとして一部黒くも見えます。 CATEGORY虫歯治療、審美歯科

石川県金沢市 40代 女性

前歯二本を折りました。

片方は既にインプラント済(メタルボンド)、もう片方は神経ありで欠けた部分のみ補填されています(ヒビもありますが日に透けないとそこまで目立ちません)。

さて
欠けを補填された部分が、
継ぎ目が白く濁り、手でさわるとざらざらガタガタとして一部黒くも見えます。
となりのインプラントと帳合が取れてない気がするのとガタガタとしている表面の状態から「いつとれるのか、いつまた欠けるのか」が気になり口を開けにくくなってしまいました。

欠けた部分をどう治されたのか
私は素人なのでわかりませんが
審美的に自然に治すことはできないものかと相談しました。

ダイレクトボンディング、という方法を拝見しましたがもしかすると今の補填こそがダイレクトボンディングだったとしたら
これ以上の改善は難しいのでしょうか?

何かよいご提案があればお聞かせいただきたいです。

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

 

前歯の欠けを補填されているところが気になるのですね。ご相談の文章を読みますと、材料の継ぎ目も目立ち、表面の質感もあまり良くないようですね。前歯のことですし、なおのこととっても気になりますよね。口をあけにくくなってしまう、というお気持ちもお察しします。

 

前歯を審美的に自然な見た目で治療したいとご希望なのですね。治す方法はいくつかご提案できますので順にご説明しますね。すでにご存じのこともあると思いますがご容赦ください。

ご自分でお調べになった通り、おそらく今されている治療がダイレクトボンディングだと思います。レジンと呼ばれる樹脂を使用して歯を補填するのがダイレクトボンディングです。レジンという材料は、時間がたつと材料の継ぎ目が変色したり表面の質感が低下してしまいます。お困りの状態もここに発生原因があります。

 

対応として考えられる方法は、

  1. もう一度レジンを入れなおすという方法。ダイレクトボンディングは補修が簡単にできるという特性を生かして、今補填されている部分を一度すべて外してやり直す方法です。今の補填材料は話をお伺いしますと少し劣化してきているように思われますので、それを詰め治すことである程度改善できる可能性があります。ただ、隣のインプラントがメタルボンドであることを考えると、セラミックとレジンという材料が異なりますので、ある程度質感の違いについては妥協的な治療になってしまうかもしれません。
  2. 二つ目は、歯型を取って被せ物を入れるという方法です。歯を削り、型どりをして被せ物を入れるという方法です。被せものを作成しますのでセット後は歯の表面に継ぎ目ができることはないですし、隣と合わせて同じメタルボンドと同じセラミック材料で被せることもで質感の統一感がでると期待できます。保険の治療でレジン樹脂を使用した被せ物を入れることもできます。ある程度削ることをお許しいただければ検討できる治療方法の一つかと思います。

 

一度患部の状態を見せていただけましたらより詳しいお話ができますよ。継ぎ目をきれいにして、がたがたのレジン表面を磨く程度であれば初回受診時にお時間もかからずすぐに対応できると思います。まずは気軽に相談だけでもいらしていただければと思います。

治療方法についての疑問点、他にもご心配な点などございましたらいつでもメールでお聞きくださいね。