前歯にインプラントを入れることにしました。前歯なので上部構造が二ついるとかいう話を聞きました。どのようなものなのでしょうか。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

前歯にインプラントを入れることにしました。前歯なので上部構造が二ついるとかいう話を聞きました。どのようなものなのでしょうか。 CATEGORYインプラント

50代 男性

左上の前歯が破折しました。神経を取って41年、差し歯にして21年の歯です。歯科医師とも相談し、かむ力も強いし、別の歯でもインプラントを入れているので、この歯もインプラントを入れることにしました。

前歯なので上部構造が二ついるとかいう話を聞きました。どのようなものなのでしょうか。 ほかの歯は、上部構造1本だったので。インプラントメーカーは、ノーベルバイオケアを使っています。

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中歯科歯科医院の浦井です。

インプラント治療についてのご質問ですね。

お聞かせいただいた状況、上部構造が2つ必要であるという説明から、上部構造の形態を想像してお答えしますね。

上部構造が2つというのは、一つは完成した被せ物、もう一つがインプラントの上に固定するアバットメントと呼ばれる土台となる部分のことを指しているのだと思われます。

インプラントの上部構造の固定様式の一つです。インプラントの上にアバットメントをネジ固定して、その上に上部構造をセメントで固定する止め方となります。セメント固定(セメントリテイン)と呼ばれ一般的に行われているものですよ。

他にも心配な点や疑問点はいつでもメールでお聞きくださいね。

記事監修:院長 浦井 一樹

略歴

所属

生年月日

  • 1983(昭和58)年10月16日