7歳の息子の虫歯について。右上奥歯の虫歯の進行が進んでしまってるらしくて、歯の奥まで進行している、いわば末期のようなものですと言われました。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

7歳の息子の虫歯について。右上奥歯の虫歯の進行が進んでしまってるらしくて、歯の奥まで進行している、いわば末期のようなものですと言われました。 CATEGORY虫歯治療、小児歯科

男性

7歳の息子の虫歯について。

本日息子の歯の治療の為歯医者を受信しましたが、右上奥歯の虫歯の進行が進んでしまってるらしくて、歯の奥まで進行している、いわば末期のようなものですと言われました。今はかぶせてある状態で、1週間後くらいに次回の予約をし、そこで最終的に詰め物をするようですが、それでもう大丈夫ですとは決して言える状態ではないそうで、今後痛み出したり、固いものを噛んで歯が欠けてしまうかもしれないほど、歯の強度は弱くなっていますと言われました。そうなってしまった場合、できる処置としては抜くしかないと言われました。グラグラしてきて永久歯に生え変わるのはもう1年から2年くらい後との事でしたので、それまでにどうなってきてしまうのか心配です。
今日の治療のあと、息子は歯茎なのか、歯なのか分からないけど痛むと言ったりしていました。今後、出来ることとすれば、やはり様子を見てるしかないのでしょうか?グラグラもしていないのに早まって抜いてしまうというのも、永久歯に影響があるのでしょうか?気をつけていたのですか、コロナの濃厚接触者になったりと自宅を出られない日もあったりして、本来の予約日より実際に診てもらうまで1ヶ月かかってしまいました。その間に進んでしまったようです。1番いい方法で、少しでも子供の歯をよくしてあげたいです。宜しくお願いします。

 

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

お子様の虫歯についてのご相談ですね。心配され不安なお気持ちもあろうかと思います。

実際のお口の状況を拝見していないので確実なことは言えませんが、どうやら相当進行した虫歯があるご様子にみえます。まず最初にお伝えしたいのは、乳歯の虫歯や何らかの歯科疾患があったとして、きちんと対応すればその後の永久歯への影響は出ないということです。今はとても心配でつらいお気持ちもあると思いますが、乳歯に起こった問題は永久歯に生え変わってしまえばなくなってしまうものがほとんどです。

それを踏まえた上でご質問にお答えしますと、今は担当の先生のもとでできる歯科治療をしっかりと進めていくということが良いと思います。できることを最善を尽くして行い、そのまま経過をみるのが妥当な状況のように思います。

ただ、万が一同じ歯が再度トラブルを起こしてしまっても、痛みや腫れを伴わない、つまり生活への影響がないような状況であれば急いで抜歯することはないのかな、とも思います。歯が欠けるなど多少のトラブルを起こしただけであればそのまま置いておくという選択肢も取れるのではないでしょうか。このあたりは担当医との相談にはなりますね。

いずれにしても一番大切なことは、今後生えてくる永久歯の健全な発育ということです。ですので、乳歯を無理に残すことにこだわるのではなく、永久歯にとって一番良いことをしていくのが方針となると思います。普通に生え変わるより早い時期に歯を抜いてしまっても、永久歯そのものへの影響はでませんよ。一方で、早めに抜くことで歯並びに影響が出そうな場合であっても、それは担当医がみればある程度判断できますが、たとえば矯正の先生に紹介してもらい歯並びが崩れないように対応してもらう(保隙 (ほげき)という対応です)ことも可能かと思います。

不安なお気持ちは理解できますから、しっかりと通院いただき、担当の先生とよくお話をされ治療をすすめられてくださいませ。

他にも心配な点はいつでもメールで何なりとお聞きくださいね。

記事監修:院長 浦井 一樹

略歴

所属

生年月日

  • 1983(昭和58)年10月16日