初めて質問させて頂きます。 接着再植治療の予後についてです。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

初めて質問させて頂きます。 接着再植治療の予後についてです。 CATEGORY口腔外科、インプラント

10代 男性

初めて質問させて頂きます。

接着再植治療の予後についてです。
高校生の息子が部活中の怪我で右前歯1本がやや深く折れ、直後に抜髄、差し歯にする治療を受けました。
1
年半経過後、痛みや差し歯のぐらつき、歯茎に小さな膿み等の症状が出たため、通常は抜歯の判断と言われましたが、医院を紹介してもらい、前歯の接着再植治療(歯根破折による)を受けました。
順調に経過していたのですが、今日の診察時、歯茎に小さな膿みがあると言われ、心配しています。
担当の先生も心配ではあるが、まだ延命の可能性はあるのでレントゲンで確認し、炎症にもできるだけ対処していこうとのことでした。
今日のレントゲンでは少しずつ骨の再生が確認できました。
息子は痛みや違和感はないようです。
このような経過の場合、予後はどうでしょうか?
5
年くらいは延命できるのでしょうか?
年齢的にまだインプラントは避けたいですし、再植後の予後について
先生のご経験からわかる範囲で結構ですので教えて頂ければと思います。

[返信]

昨日、接着再植治療の予後について相談させて頂いた者です。

早速の丁寧なお返事をありがとうございました

 

あと一点、お聞きしたいのですが、この先、前歯が抜歯になった際、前歯でもインプラントは安全に可能でしょうか?

前歯の両側は健康な歯なので、ブリッジは避けたいと考えています。

抜歯になる、イコールそれまでの炎症により、多少の周囲の骨の吸収等もあると思いますが、上顎の状態によってはインプラントは不可能なケースもありますか?

度々すみませんが、わかる範囲でよろしくお願いいたします。

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

接着再植治療のことについてのご質問ですね。

私自身が接着再植治療を行っておりませんので、治療選択の是非や、技術的な評価はできない点と、歯の状態を直接拝見していない状態でお答えしますのであまり信頼性の高いお答えになっていない可能性もある点をご容赦ください。それらを踏まえたうえでお答えしますと、再植から1か月という短期間での経過の中で歯茎に膿があるという状態はあまり良い状況とは言えないように思われます。未来予測は難しく、数値化して予後を予測することはできませんが、あと数年程の寿命である可能性も十分に考えられます。ただ、骨の再生が確認できているというのはとても良い反応ですから、今後はメンテナンスなども行い大切に管理なされるのがよいでしょう。

また、定期的にレントゲンも撮影していただくことで内部の状態も把握できますので歯医者でしてもらってくださいね。

断定的なことは言えずすいません。

少しでも参考になれば幸いです。


[返信への回答]

中嶋歯科医院の浦井です。

万が一前歯が抜歯になった場合であってもインプラントは可能ですよ。ただ、おっしゃるように抜歯に至るまでの経過で骨の吸収が進行していることも考えられます。患部の骨の吸収のためにインプラント治療ができない、ということはないですがインプラント治療に必要十分な骨がない場合は、骨造成といって足りない骨を補う処置を追加で行うことでインプラントが可能になります。

前歯のインプラントは歯を再建することはもちろん、審美的に美しく仕上げる必要のある部位であり、治療技術が求められますので、インプラントを専門的に行っているクリニックで行うことが望ましいと思います。

現状はこのまま経過を見ていき、定期的に撮影するレントゲンで骨の吸収が進行していないかを確認するのが良いのではないでしょうか。もし骨の吸収が始まってしまったら、その事実が確認できた時点で骨の条件が良いうちにインプラントにふみきるのか、骨が吸収し歯がもたなくなるまでぎりぎりまで温存するのかの方向性を決めておくのがよいと思います。

参考になりましたら幸いです。

記事監修:院長 浦井 一樹

略歴

所属

生年月日

  • 1983(昭和58)年10月16日