切端咬合|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

切端咬合 CATEGORY未指定

金沢市 13歳 男性

中2男子の保護者です。
3年前(小5)の歯科検診にて、左下が切端咬合気味といわれ、大阪市内の歯科医院で歯列矯正(針金、マウスピース)をしていましたが、進学のため金沢市に来るきっかけで、針金を外し、就寝時にマウスピースをつけるのみに。大阪に帰省(保護者は大阪在住)する暇がなく、定期的に観てもらえてません。今年の春休みに帰省した際、診察に連れて行くと、新しいマウスピースを渡され、就寝時に着用していました。GWに保護者が金沢に来た際、左下だけではなく、全体的に切端咬合になってきた気がします。

担当医の回答

こんにちは。ご相談のメールありがとうございます。 
矯正治療に関してお悩みなのですね。 
マウスピースをしているのにも関わらず、片側だけではなく両側切端咬合になり驚かれたと思います。 
実際にお口の中やマウスピースを拝見していないので、一般的なことしか言えませんがお話しさせていただきます。 
ブラケットと針金で歯の並びを整え、マウスピースでそれ以上歯が動かないように保定されていたと思われます。矯正治療が終わって1年以内は1日22時間以上マウスピースをつけて保定する、などの指示があると思われます。就寝時間のみつけるのでは装着時間が短いのかもしれません。 
13歳の男の子では個人差はありますが身長が伸びると下顎の成長も伴い、噛み合わせに変化が現れることがあります。久々に会われた息子さんがマウスピースをしっかりとしているのにも関わらず片側だけでなく両側切端咬合になり驚かれたと思います。 
もしよろしければご相談だけでもいらしてくれれば矯正医が経過を診て必要に応じて仕上げの治療も行えますので、もう少し具体的な話が出来ると思います。もちろんメールでも構いませんのでまた心配なことがございましたらお気軽に御連絡下さい。

中嶋歯科医院 中嶋顕