随分前から上と下の10~15本前後欠損しているのですが、インプラント手術を受けたくメールしました。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

随分前から上と下の10~15本前後欠損しているのですが、インプラント手術を受けたくメールしました。 CATEGORYインプラント

石川県かほく市 45歳 男性

随分前から上と下の10~15本前後欠損しているのですが、インプラント手術を受けたくメールしました。金額等については心配してませんが、なるべく早い期間で治療を終えたいです。なんとかならないでしょうか。

担当医の回答

こんにちは。ご相談のメールありがとうございます。 
インプラント治療の期間についてのご相談ですね。 
お口の中を拝見していないので、一般的な話になってしまいますが、治療期間についてご説明させていただきます。

まず絶対的にかかる期間として、インプラントを入れてからインプラントが骨と結合するまでの期間に4週間かかります(昔はもっと期間がかかりましたが、最先端のインプラントは性状の進化によって4週まで期間が短縮されています)。 
最終的な歯はその後に入れることになるので治療に4週間は最低かかることになります。 
ちなみにその期間は仮歯などを入れて治癒を待っていただくことになりますので見た目、機能的な不具合はございません。

それでは、すべての方が4週間で治療が終わるかというとそうではございません。 
ケースによっては、抜歯してからインプラントを入れる場合もあります。 
その場合は抜く歯の状態により、抜歯と同時にインプラントを入れる場合もあれば、1ヶ月から4ヶ月抜歯した場所の治癒を待ってからインプラントを入れなければいけない場合もあります。 
つまりはインプラントを入れるまでに期間が必要なケースがあるということです。

また、すでに抜歯が終わっている場所で期間がたっていても、極端に骨の量が少ない場合には、骨造成と言って骨を造る手術を行って半年しないとインプラントが入れられないケースもございます。

以上のことをまとめるとインプラント治療の期間は 
①抜歯がこれから必要な場合、インプラントを入れるまでに抜歯後治癒を待つ期間 
②インプラントが必要な場所に骨造成が必要な場合、その骨造成術後の治癒期間 
③インプラントを入れてから骨と結合する4週間 
の合計で決まるということになります。

もしすでに歯がないのであれば、①は関係なく、よほど条件が悪くなければ②も必要ないので、早ければ術後4週から8週で治療を終えることも可能ということになりますね。 
ちなみに当院ではほぼ毎日インプラントの手術を行っておりますが、その全ての方の治療期間の平均は3ヶ月くらいになると思います。

現在のインプラント治療は、材料、術式の改善により、非常に短期間で治療を終えることも可能ですが、もし、条件が悪く期間がかかる場合でも治療期間中に生活や仕事に支障が出ないような手順で行うことができます。また仮歯などを早い段階で入れることも可能ですし、基本的に前歯など人から見える場所に仮歯を入れない状態で医院を出るということは1日もございませんのでご安心ください。 
また多忙な方が他県からも多く通院しており、少ない回数と期間でのインプラント治療をご希望される場合の治療法や実績もございますのでご希望があれば、ご説明させていただくことも可能です。

お口の中の状態を診査していないので、非常に一般的なことを長々と書いてしまいましたが、実際に拝見させていただき診査させていただければ、もっと状態にあった期間のことや、その期間の歯の状態、通院回数など詳しくお話させていただきます。 
もちろんメールでも結構ですのでまたご心配なことがございましたらご連絡ください。

中嶋歯科医院 中嶋顕