歯周ポケットの改善について|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

歯周ポケットの改善について CATEGORYマイクロスコープ精密治療

石川県 44歳 女性

初めまして、歯のことで気になることがあり、ネットで検索していたところ、こちらのHPがとてもわかりやすく、親切に感じましたので、さっそくメールさせていただいております。 
歯の詰め物がとれたので、近所の歯科に行ったところ、詰め物が取れた歯の隣の歯の歯周ポケットが深いといわれ、レントゲンをとってもらいました。
左下7番の歯で、歯外吸収しており、長く保存できないとの診断で、治療の方法がなくいずれか抜歯することになるとの診断でした。
まだ歯はあり、自覚症状もまったくありません。
このままで、他の歯にうつったり、悪化することがないのか心配です。できたら治療したいと思っております。 
説明不足な部分もあるかと思いますが、お返事、アドバイスいただけますよう、よろしくお願いいたします。

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談いただきありがとうございます。
左下7番の歯周ポケットが深く、また外吸収してしまっているということですね。
実際に拝見していないので確実なことは申し上げられませんがわかる範囲でお答えさせていただきますね。
治療の方法がないとのことですが、確かに吸収してしまった歯や骨をもとどうりにすることはできないと思います。
ただし、なんらかの歯周治療を行うことで歯周ポケットを減らすことができることは多く、このことは歯の延命につながります。
深い歯周ポケットは細菌の温床となってしまいますので、ご心配されるように他の歯へ影響してしまう可能性もございます。
可能であれば、深い歯周ポケットは放置しないで除去するほうがいいということですね。
実際にどのような処置が適切かは、その歯の状況によって異なりますのでここでは避けさせていただきますね。
またご心配なこと、ご質問がございましたら遠慮なくご連絡ください。