レントゲンと目視とマイクロなら100%歯根破折はわかるでしょうか?|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

レントゲンと目視とマイクロなら100%歯根破折はわかるでしょうか? CATEGORYマイクロスコープ精密治療

石川県 45歳 男性

はじめまして。質問させて下さい。
レントゲンではわかりませんでしたが、他院で歯根破折かもと言われた者です。
1. レントゲンと目視とマイクロなら100%歯根破折はわかるでしょうか?
2. 1で無理な場合、CTなら100%歯根破折の診断は可能でしょうか?

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
歯根破折かもしれないといわれたわけですね。
歯根破折は確かに割れかたによってはレントゲンには写ってこないことがございます。
分かりにくいかもしれませんが、レントゲンの照射方向と直角にわれている場合などは破折している線が写りません。
そのような場合、どのように診断するかについてご説明させていただきます。
もし、その歯がクラウンやコアといった補綴物(人工的な被せものや土台)がはいっていないようなら、マイクロスコープを用いて強拡大で見るのが一番信頼性があり確実だと思います。
もしクラウンやコアがはいっていて外せない状況にあり、マイクロスコープで確認することが困難な場合はCT検査を行うことになります。
CTはレントゲンと違い三次元的に見ることができるので破折している方向は関係なく診断することができます。
ただしCTはあくまで画像診断であり、また金属の被せものがはいっているとハレーションという反射をおこし鮮明な画像が得られないことがあり、マイクロスコープを用いた診断には到底かないません。
以上のことをふまえ、歯の状況に応じて、レントゲン、CT、マイクロスコープを使い分けて診断を行うことになります。
ちょっとややこしい説明になってしまい理解しづらくなってしまったかと思います。
また疑問点やご質問がございましたら遠慮なくご連絡ください。