Pを見させて頂きましたが、大変丁寧なご対応を拝見しまして、ご相談させて頂きたく思いメールを送信します。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

Pを見させて頂きましたが、大変丁寧なご対応を拝見しまして、ご相談させて頂きたく思いメールを送信します。 CATEGORY未指定

石川県 37歳 男性

はじめまして HPを見させて頂きましたが、大変丁寧なご対応を拝見しまして、ご相談させて頂きたく思いメールを送信します。
3週間程前に、右上6番の20年ほど前に詰めていた歯が、熱い物に対して強い痛みを感じたため、クリニックで治療を受け、詰め物を取り、少し虫歯があったのを削りました。
一旦、仮蓋をしましたが噛締めると痛みがありました。
噛み合せが原因とのことで少し高さ調整しましたが、治療から3週間経った今もまだ噛むと痛みがあり、治療前には感じなかった冷たい物がしみるようになっています(但し、熱い物への痛みは軽減されました) 
担当医さんに伝えると、レントゲンで確認しても神経までは到達していないから、しばらくしたら落ち着くのではとの返答を頂きました。
現在、詰め物の型取りをしており、次回の診察でこのままでは詰めることになりそうですが、正直このままの状態で詰めてしまうのが心配です。
こういう他院での治療途中で貴医院にて診察を受けるのは可能でしょうか?
それとも一旦は今のクリニックで治療を完了させて様子を見たほうが良いでしょうか?大変お手数ですが宜しくお願い致します。

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
虫歯の治療で型取りをして、仮詰めになっているところがしみるわけですね。
実際に拝見したわけではないので確実なことは申し上げられませんがわかる範囲でお答えさせていただきます。
まず、その歯が歯髄炎(神経の炎症)という状態になってしまっているかどうかが判断の分かれ道だと思います。
もともと熱いものがしみていたとのことなので、かなり神経に近い虫歯が予想されます。
歯髄炎になってしまっている場合は神経を取る処置をしなければならないことがほとんどです。
神経を取ればもちろん痛みはすぐに無くなります。
ただし、取ってしまった神経はもう二度ともとに戻ることはなく、長期的にみると歯にトラブル(割れる、根の先に膿みをもつなど)を起こしやくなってしまいます。
おそらくこういったリスクを考えて担当の先生もなんとか神経を残そうとしてくれているのだと思います。
歯髄炎にまでなっていない場合で、単純に虫歯が深かったことが原因でしみやすくなっているのであれば、時間をかけて(時には何ヶ月も)痛みやしみを感じにくくなっていきます。
この場合はもちろん神経をとらずに詰めたほうがいいに決まってますよね。
あとは虫歯の深さにもよりますが、通常仮詰めの時は最終的な詰め物よりもしみやすいです。
これらのことを考えると、型取りをしているのであれば一度それを詰めてみて経過をみるほうがよいかもしれませんよ。
もし痛みが消えなければ再度詰め物を外して神経を取ることになるかもしれませんが、考えを変えればそれは数回の時間のロスと手間だけですみますから。
とってしまった神経だけは誰にも二度ともどすことはできませんからね。
もちろん治療の途中でもセカンドオピニオンとして診察させていただくことは可能ですが、もしこのメールの内容で御理解いただけるのであれば一度詰め物をされてみることをおすすめします。
担当の先生は経過をよくわかってらっしゃると思いますから、心配なことや質問はなんでもして相談されるとよいと思いますよ。
私のほうでもまたご質問やご心配なことがございましたらいつでもご連絡ください。お力になれればと思います。

患者様より>--------------------------------------------------------------------
中嶋先生
ご返答、ありがとうございました。
治療後も違和感が続くため、少し神経質になっていましたが、その理由が分かり安心しました。
大変丁寧なご返答頂きまして、重ねて感謝申し上げます。