歯並びやかみ合わせが原因で無呼吸の場合の治療は器具(マウスピース等)の他根本的な治療は無いのでしょうか?|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

歯並びやかみ合わせが原因で無呼吸の場合の治療は器具(マウスピース等)の他根本的な治療は無いのでしょうか? CATEGORY未指定

七尾市 42歳 女性

はじめまして。歯のかみ合わせについて御相談させて下さい。
10年ほど前に前歯を4本差し歯にしました。ちょうどその頃からいびきをかくようになって、気のせいかと思っていましたが、眠っているときは下あごが下がっているようだと家族に言われました。年々ひどくなって先日病院の検査で無呼吸の可能性が高く、精密検査を受けることになりました。
歯並びやかみ合わせが原因で無呼吸の場合の治療は器具(マウスピース等)の他根本的な治療は無いのでしょうか?

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
睡眠時無呼吸についてのご質問ですね。
この睡眠時無呼吸症候群というのは一筋縄には行かず、さまざまな原因によって引き起こされ咬み合わせはそのうちの一つの原因になります。これは歯並びだけではなく、骨格的な問題(顎の大きさ)によるものもあります。
骨格的な問題がある場合は根本的に治すには外科的矯正治療、つまり顎の位置を動かす手術が必要になる可能性があります。ただし、これは睡眠時無呼吸症候群の要因の一つを改善できたということで必ずしも完治できるとも言いきれません。精密検査を受け、担当の先生とよく相談して治療方針を決めていく必要があります。
またご質問がございましたら遠慮なくご連絡ください。