根管治療にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて最善をつくしております|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

根管治療にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて最善をつくしております CATEGORY未指定

アメリカに留学中 27歳 女性

現在アメリカに留学中のものです。
ご相談させていただきたいのは、下奥歯についてです。
時期は忘れましたが、ずいぶん前に根菅治療をしています。歯は銀歯をつめてあり、完全にかぶせてはありません、
約1年半ほど前、留学前にデンタルチェックをしておこうと思い歯科医院にいったのですが、レントゲンでその奥歯の根のあたりに黒い影があるといわれました。
以前よりその歯の外側の歯茎に小さい水泡のようなものができており、痛みはないものの気になっていました。
それもこの黒い影が原因ではないかといわれました。
「おそらく、根菅治療が完全ではなく膿がたまってしまったか、もしくは根菅にひびが入っているのではないかと思う、場合によっては抜歯、とりあえず時間をかけてクリーニングをして様子をみる必要がある」といわれました。
留学直前で長期治療をする時間がなかったため、そのまま治療せず渡米しました。
しかし気になったのでこちら(アメリカ)でも歯科医の方に相談してみたのですが、言われたことは同じでした。在米中に2度レントゲンをとりましたが、1年たったいまも黒い影は特に変化はないようでした。
こちらでは費用も高いことから、痛みがないのであれば、そのまま置いておいて、帰国後できれば根菅専門の病院でみてもらったほうがいいといわれました。
しかし石川には根菅治療専門の大学病院はありません。
根菅治療は時間もかかり難しく、CT等の設備も必要となるため、大学病院のほうが良いだろうとのことでした。
今年4月には完全帰国し石川に帰るため、良い歯科医院を探していてこちらのHPにたどり着きました。
私の稚拙な文章だけではわかりかねるかと思いますが、先生の見解をお聞きしたいです。また、先生のところでの根菅治療実績(件数等)はどのようなものでしょうか?
できれば抜歯はしたくありませんし、知らない間に悪化しているのではないかと、痛みがないのが逆に怖いです。
長文で大変申し訳ありません。 
よろしくお願いいたします。

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
丁寧で詳細な内容で状況がわかりやすくて助かります。
おそらく慢性根尖性歯周組織炎で間違いないと思います。治療にはやはり根管治療が必要となります。
アメリカでは治療の専門化が進んでおり、開業医でも根管治療だけを行う歯科医がいるくらいです。
日本の現状は、開業医はある程度いろいろな治療を行うのが一般的です。
よって当院でも、数は正確ではございませんが根管治療を年間1000例くらいは行っております。
治療にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて最善をつくしておりますが、それでも治癒の悪い場合には遠方になりますが根管治療専門医をご紹介させていただいております。
治療をすぐに開始すべきかどうか、当院で行うべきかについては実際にレントゲン等の検査をしてみるとわかるかと思います。
ほかにまたご質問やご相談がございましたら遠慮なくご連絡ください。