妊娠中抜歯した場合、痛くても鎮静剤などは飲めないのですか?|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

歯科相談受付

List of
problems
お悩み歯科相談

妊娠中抜歯した場合、痛くても鎮静剤などは飲めないのですか? CATEGORY虫歯治療

富山県高岡市 27歳 妊娠4か月 女性

今妊娠4か月です。
今月歯医者へ行き、虫歯があることがわかりました。
そこで一つ問題があり、右下の奥歯が横に向いて生えているんですが、その歯に虫歯が出来てしまい、横の歯にも転移しているとのこと。産婦人科の先生は局所麻酔は大丈夫って言っていましたが、局所麻酔をして、その歯を抜歯しても大丈夫なものでしょうか?
先日歯医者の先生に「今は詰め物をして虫歯が悪化しないようにしとこうか」と言われました。
それで産後落ちついてから抜歯しようかという話にもなったんですが…
今のうちに抜歯した方がいいのか、それとも産後落ち着いてからしたほうがいいのか悩んでいます。
産婦人科の先生は「大いに治療して」って言っていましたが…
他にも左下の奥歯が歯茎に埋もれて生えていて、その歯も虫歯になっていたりと、リスクのありそうな虫歯が…
抜歯した場合、痛くても鎮静剤などは飲めないのですか?

担当医の回答

こんにちは。中嶋歯科医院の中嶋顕です。
ご相談のメールありがとうございます。
妊娠中に虫歯ができて歯科治療が必要になりご心配されているわけですね。ご心配されるお気持ちお察しいたします。実際に診察していないので確実なことは申し上げられませんが、わかる範囲でお答えさせていただきます。
妊娠中の治療に際し、産婦人科の先生がおっしゃる通り、局所麻酔はまず心配いりませんからご安心下さい。よって通常の虫歯治療は問題なく行えるということになります。問題となるのは、抜歯が必要になった場合で治療後に鎮痛薬や抗生剤を 内服しなければいけない場合です。抜歯する歯にもよりますが通常1~2日は薬の内服が必要になる場合がほとんどです。
現在処方される抗生剤や鎮痛剤は胎児への影響する可能性は非常に低いといわれていますし絶対に服用していけないというわけではございません。ただし、胎児への影響がある可能性は0ではございませんし、薬の注意書きにも妊婦への投与は注意しなければいけないことが記されています。いくら可能性が低いとはいえ、妊婦さんとしてはできれば薬は飲みたくないというお気持ちはよくわかりますし、心配なことはできればしたくないというお気持ちはよく理解できます。
そういったことからすると出産が終わるまで、もしくは授乳がおわるまでの間、痛みや進行がおさえられる歯であれば応急的な処置にとどめておくのもよいかと思います。ただし歯の状態によっては緊急を要して、半年、1年もおいておけないような場合もございますのでよく担当の先生とご相談なさってみてください。妊娠中に悪化して、薬を飲む期間が長くなってしまうのでは元も子もないですからね。
またご心配なことや、ご相談がございましたら遠慮なくご連絡ください。