レントゲンを見て神経に異常はないと 確認出来たとしても神経まで虫歯菌が達している事はあるのでしょうか?|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

レントゲンを見て神経に異常はないと 確認出来たとしても神経まで虫歯菌が達している事はあるのでしょうか? CATEGORY虫歯治療

20代 女性

初めまして。

他院で虫歯治療をしている者です。

疑問に思った事があったので、
相談させていただきます。
右下の奥から2番目の歯が表面と側面に黒ずみのある虫歯で、
歯磨きの際、その歯の外側を磨くと
チクチクとしたような痛みがあります。

歯医者でレントゲンを撮った際、
撮った写真を見ながら説明をしてもらったのですが、
説明で、もし神経の所が黒くなっていたら神経まで達していると言われました。
実際は神経まで達してなく、歯茎の炎症で
歯磨きの際に痛むのではないか?と言われました。

最近は歯磨きの時でなくても、
チクチクとした痛みが時々あります。

そこで質問なのですが、
レントゲンを見て神経に異常はないと
確認出来たとしても、
実際に、神経まで虫歯菌()が達している事はあるのでしょうか?


担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

 

ご質問についてお答えいたしますね。

一般的な話になりますが、レントゲンは骨や歯などの硬い組織を診査するための検査です。実際に虫歯があると歯の内部の黒い影として確認できます。歯の神経は写らないので歯の中心部の黒い線状の形の影として見えます。ですので虫歯診断の時は歯の神経の陰影と虫歯の陰影が重なっていないかどうかで神経が大丈夫かどうかを確認します。

ただ、レントゲン検査の性質上、本来は立体(三次元)である歯を、写真(平面、二次元)としてとらえることになります。ですので、レントゲン検査のみで歯のすべての情報を精密に診査することが困難な場合もあります。そういったことを踏まえてご質問にお答えするとすれば、ある角度で撮影したレントゲンで異常がないと確認できたとしてもそれは歯の状態を100%反映したものではないですから、虫歯菌が神経に感染していることも(確率はごく低いとしても)絶対に無いということは言い切れません。

通常はあらゆる臨床検査、目で見る、実際に歯に触れる、風を歯にあててしみないか反応を見る、レントゲン検査、電気的歯髄診断等の検査を組み合わせて行うことで診断の精度を上げていきます。ただ一つの検査をもって確実な診断はできないという事ですね。

一般的なお答えになりますがご参考ください。