2ヶ月前に右前歯のセラミックが欠けてしまったため、再度歯科医院で作り直してつけてもらいましたが、それから右前歯にジンジンとした鈍痛がずっと続いております|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

2ヶ月前に右前歯のセラミックが欠けてしまったため、再度歯科医院で作り直してつけてもらいましたが、それから右前歯にジンジンとした鈍痛がずっと続いております CATEGORY虫歯治療、審美歯科

女性

数年前に事故で前歯2本が破折し、根幹治療後にセラミックを入れました。

その後、今から2ヶ月前に右前歯のセラミックが欠けてしまったため、再度歯科医院で作り直してつけてもらいましたが、それから右前歯にジンジンとした鈍痛がずっと続いております。
ちなみに作り直しの際は、再根管治療はしておりません。
痛みが出だしたのは、欠けてから1ヶ月ほどたった仮歯の段階です。
新しいセラミックをセットする前に、痛みが出ていることを訴えましたが、レントゲンやCTの検査でも異常はなく、担当の先生からは「様子を見るしか無い」と言われ、そのまま新しいセラミックをセットされ治療自体は完了しました。
先生からは原因がわからないと言われたので、痛み止めを服用しながら我慢していますが、痛みが消えることは無く毎日辛いです。
このような場合、原因はどのようなことが考えられるでしょうか?
また、様子見でこのまま痛みが消えることもあるのでしょうか?
消えない場合は、そちらの医院で診ていただくことも可能でしょうか?
どうかよろしくお願いします。

[返信]

ご返信ありがとうございます。

 

セラミックが欠けたのは顔面(頬骨)あたりを強打してしまい、自分の歯同士が当たったのか、欠けていました。その際は歯の痛みはありませんでした。

 

作り直しでセラミックを壊す際に、かなり力を加えられたため、その影響もあるのかもしれないと思っています。今現在歯茎周辺の炎症はありません。痛みのみです。

 

仮にひび等の歯根破折をしていた場合は、もう抜歯しか選択肢は無いのでしょうか?

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

過去に治療した前歯がかけて再治療を受けたという状況なのですね。はっきりとした原因もわからないまま痛みを抱え毎日をお過ごしなのですね、とてもお辛いでしょうね、心中をお察しします。

メールで頂いている情報から考えらることをご説明したします。ただ、実際にお口を拝見しておりませんので確実なことは言えませんがその点はご理解ください。

歯科医院で作り直しをされ仮歯を入れて1か月後ほど経過してから痛みが出現したのですね。

順に可能性を考えてみますと、レントゲンやCTの画像検査でも異常は指摘されなかったことを考えてみて、歯の根っこの病変、炎症はなかったと思われます。ですので、再根管治療をしていないことが痛みの原因ではないと考えます。また時系列的には仮歯をいれた1か月という時間は経過していますが、治療を契機に痛みが出現したと考えることも、可能性は低いかもしれませんが、できるかもしれません。治療を契機に今の状況になったとすると、治療操作で歯に破壊的な大きな力を加えてしまい歯根が破壊された、ですとか、過去・現在とこれまでの治療を繰り返す中で過剰に歯を削られて歯根破損してしまったなどが考えられます。しかし、これもレントゲンとCTを撮影したうえで担当医から何ら指摘がないのであれば選択肢として除外してもよいかもしれません。

また別の可能性としては、強度のある構造物であるセラミックが欠けたというのは歯に何らかの比較的大きな力が加わったことが推測されますから、歯に加わったセラミックを破壊するような外力(欠けたときの状況はわかりませんが、硬いものをかんでしまった、もしくは無意識にはぎしりをしていて絶えず力がかかっているなど)で歯根が割れてしまっているということも考えられます。一般的には歯根が割れてしまうと、歯根周囲に炎症を生じ痛みを伴います。また、歯根が割れている状態であっても微細なヒビですとレントゲンやCTでその存在を診断することが画像精度上むずかしい場合もあるかもしれません。つまり歯根が割れているのに、レントゲンなどでは発見できない、ということです。また、人によっては、無意識のはぎしりが強い場合ははぎしりそのものが痛みの原因となることもあります。

考えらる原因を私なりに考察してみましたが、どれも推測の域を出ませんのでこれが確実な原因である、と指摘することはできません。もちろん一度お口を見せていただきましたら歯の状態を詳細に確認できますので、より正確な情報が得られますから原因を特定できる可能性もあろうかと思います。痛みが続く場合は当院で診察をさせていただくことももちろん可能ですよ。

受診のご希望の際には、当院受付までご連絡を頂きましてメール相談をしていただいた旨をお伝えいただき受診のご予約をお取りくださいませ。

他にも心配な点はいつでもメールでお聞きくださいね。わかる範囲でお答えいたします。


[返信文への回答]

中嶋歯科医院の浦井です。

現在の状況がはっきりとしませんが、もし歯根に破折があると状況は厳しいと言わざるを得ないと思います。

症状を伴わず、わずかな歯根破折のみであればそのまま経過観察することも妥当かとおもいますが、このようなことを申し上げるのはとても心苦しいのですが、、現在痛みという症状が生じており、かつ、その原因が歯根破折にある場合には解決のためには抜歯という選択が第一になろうかと思います。一度お口の状態を見せていただけましたら、詳しく歯を調べまして痛みの原因が特定できるよう尽力いたします。メールでの相談ももちろん可能です。

あなた様の望まないお答えになってしまいすいません。他にも心配な点はいつでもメールでお聞きくださいね。

末筆ながら、良い形で痛みの問題が解決されることを願っております。


記事監修:院長 浦井 一樹

略歴

所属

生年月日

  • 1983(昭和58)年10月16日