被せものの下で虫歯が進行してしまい抜歯しなければなりません。 抜歯後はインプラントにする予定です。|お悩み歯科相談(記事)|石川県金沢市東山でインプラント行なう歯医者 中嶋歯科医院

List of
problems
お悩み歯科相談

被せものの下で虫歯が進行してしまい抜歯しなければなりません。 抜歯後はインプラントにする予定です。 CATEGORY口腔外科、インプラント

女性

被せものの下で虫歯が進行してしまい抜歯しなければなりません(左下6)

抜歯後はインプラントにする予定です。
相談させて頂きたいのは抜歯時に隣の歯に影響が出ることは無いかということなのですが…
担当の先生にインプラントの手術より抜歯のほうが大変だな~と言われたので益々不安になっています。
動揺が全くなく根も深くまで埋まっているように思います。難易度が高いのかなぁと…
心配なのが隣の5番の歯です。神経を取っており、何回か治療を繰り返しているのでかなり脆くなっていると思うので6番を抜歯するときに5番の歯根に当たってしまったり等、悪影響を及ぼすことは無いのかというのが心配なのですがそのようなことは無いでしょうか?
5
番はいずれ歯根破折などして抜歯することになるだろうなとは思っているのですが諦め悪く少しでも長持ちさせたいなと思ってしまっています。ご回答頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

 

担当医の回答

ご相談のメールありがとうございます。

中嶋歯科医院の浦井です。

左下の6番を抜歯されるのですね。とてもお辛い決断だったことと心中をご推察します。

頂いている質問ですが、当該の歯および周囲の歯の状況がわかりませんので断定的なことは言えませんが、通常は歯と歯の間には歯槽骨、つまり歯を支える骨が存在していて歯を抜くときに加える力は歯槽骨で受け止められますから、ダイレクトに隣の歯に伝わってしまうということは無いと思われます。ですので、6番を抜くときに5番の歯根を強く押してしまうということは起こらないと思われます。

また、歯を抜いた後には必ず炎症が起こりますので、炎症の広がりによっては抜いた歯を中心として周囲も一時的に影響を受けることはありますが、それは抜歯の炎症の治癒とともに収まりますのでご安心ください。具体的には、抜歯した周囲の歯がすこし浮いたように感じる、かむと少し違和感がある、抜歯した周辺の歯茎が腫れた感じになる、などの症状です。

丁寧に抜歯すれば周辺の歯への悪影響は生じませんし、念のため担当の先生にも手前の5番が心配である点をお伝えいただいて処置に臨めばなおのこと安心だと思います。

といっても、ご不安はいろいろおありでしょうから何か不安点や疑問点があればいつでもメールでお聞きくださいね。

末筆ながら一日も早く治療を終えられて歯の健康を回復されることを願っております。

記事監修:院長 浦井 一樹

略歴

所属

生年月日

  • 1983(昭和58)年10月16日